かおりんの時々日記

kaoruko200.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:熊本地震( 10 )

ご近所も解体新築ラッシュ

b0037714_200317.jpg
阿蘇、益城、御船と地震で大崩壊したところもご苦労されてることと存じます。
市内も行く先々修理、解体、新築を目にします。我が家から歩いて10分以内でも一体何軒あるのでしょう、本当によく目にします。
ついに目の前我が家の道路隔てた南側、我が家より10年ほど後に建てた鉄骨3階建ですが2日前から解体、その左隣は地震後に建った新築です。
そして西側道路を隔てた前の空き地も新築中です。
解体新築のラッシュで足場も間に合わないとか暫くは狭い道に大型車やクレーンなどが行きかいすることでしょう。
来年度と言っていた調査が年度末までには我が家にも来るらしいのですが、
何年か前ここを処分して新築マンションに行きたいという私に、ここがいいという主人。
結局ここに住むならと色々お金を掛けました。
調査結果大金が掛かるようであればどうしたものでしょう~
[PR]
by kaoruko200 | 2017-01-24 20:20 | 熊本地震 | Comments(2)

8日AM1時46分ごろ阿蘇36年ぶりの爆発的噴火

              (10月10日熊日新聞より)
b0037714_20355911.jpg

次々とどうしてこうも天災に襲われるのでしょう震度2の地震を伴っての爆発的、噴火遠く愛媛や香川までも降灰があったそうな。
風向きのせいで市内の方にはまったく降灰もなくうそのようでしたがやっと阿蘇登山道が1か所だけ開通したばかりなのに、またまた今度は立ち入り規制です。

         ************************
 

今年最後の月下美人が3個咲きました。
重なり合って窮屈で鉢に仕えていたものを切って寝るまでテーブルの上で楽しみました。
b0037714_205091.jpg
          
[PR]
by kaoruko200 | 2016-10-09 20:50 | 熊本地震 | Comments(0)

やっと開きました

b0037714_20334292.jpg
 
地震以来毎日断捨離 よくもこんなに必要ないものを持っているものと我ながら感心します。
何年分のしくじりや出さずじまいの年賀はがき005.gif郵便局で切手やはがきと交換しました。
そこでナイスニュース、一番近いスーパーが地震以来一か月以上過ぎ今日から開店しているというのです。
本震翌日は店頭販売に行列して水を求めに行き、あと2~30人で私の番というとき激しい地震、機械室が大きな音を立て始め危険になり販売中止になりました
勝手なもので日頃はチョットお高めと毎日行くわけでもありませんが、やはりないと困りました。
甚大な被害を受けた県下でもあちこち少しづつ一歩前進の様子が見え始め嬉しいことです。
娘の友人も昨年お母さんが亡くなり一人暮らし、追い打ちをかけこの地震で家は傾きテント暮らしでした。
テント暮らしで失意のどん底でしたが地震保険も全壊、罹災証明も全壊やっと家を建て直す決心がつきアパートにも引っ越しが決まり目鼻がついたようです。
皆様が一日も早く日常生活が出来るよう願うばかりです。
[PR]
by kaoruko200 | 2016-05-24 20:52 | 熊本地震 | Comments(0)

水の減った水前寺公園

昨日で震度1以上が1500回を超えたそうです。
日々の生活の中でも多少動く方が主人の様子も元気らしく思え、水前寺公園まで行ってみることにしました。
10時頃だったので駐車場も空いていて園内もまばら出水神社の本殿は屋根が被害をうけていました。
自慢の庭園は先日の新聞より水量が増えているようでしたが、雨が降ったのとポンプで汲み上げてやっとここまでだそうです。
とても湧水では追いつかないとのこと、地震で渇水した時は鯉も避難していたそうですがこの水量では夏場温度も上がり鯉は酸素不足で生きていけないとのこと先が思いやられますね。
池を見なければ普段と変わらない水前寺公園ですが水が戻ってきてくれることを願うのみです。
b0037714_2029443.jpg

ジェーンズ洋学校は報じられていましたが崩壊ブルーシートに覆われて姿はありません。
中央区から東区にかけ新たな断層が見つかったそうでその断層のせいで公園の水が枯渇するなんて・・・
断層の真上の益城それに沿う阿蘇、嘉島、御船、川尻、日奈久、我々ですら結構な被害もあり生きた心地がしなかったのですからどんなにつらい日々だろうと察するに余りありますが、
原発のない神戸も見事に復興熊本もきっと力強く復興出来るものと信じています。
[PR]
by kaoruko200 | 2016-05-20 20:47 | 熊本地震 | Comments(2)

地震発生から1か月

少し落ち着いたと思っていたのに10日きつそうにしている主人、熱を測るよう勧めると7度5分です。
病院に行くよう勧めるのですが「明日の様子を見て」と言います。
翌日は熱もなく大丈夫と言います、ところが12日はまた7度1分この日は地震以来お初の陶芸教室で気が付いたのが夕方明日と言い昨日13日午後病院へ。
エコー、検血、検尿幾分尿が濁っていて細菌ありで抗生剤をいただきました。
癌は手術をして抗がん剤(膀胱癌は副作用がないそうです)8回これで再発のリスクはあってもすぐに元気になると思っていましたが本当なら抗がん剤も済むころなのにまだ3回のみ、地震のストレス疲労も重なりなかなか順調には進まないものです。
そんな中安静が良いのではという私を尻目に「みんなに会って気分転換だ」と今日のパーク練習会に参加することになりました。
実際私も陶芸教室で皆さんにお会いし滅入った気分が元気になったのは確かでした。
パークはハプニングがあり午後から参加することにし会場から気になっていた墓地へ行くことになりました。
ちょうど車からショベルカーを下している方に遭遇お尋ねするとお墓の修理業者、早速我が家もお願いすると我が家の分から先にしていただくことになりました。
ショベルカーでどうするのかと思いましたがそこはちゃんと道具持参です、墓碑を釣り上げ接着剤をつけ元の位置に、灯篭の無くなった台座は釣り上げ簡単に外れました。
墓誌も墓碑も元の位置に戻し接着剤で固定、これで余震で墓碑が落下することはないだろうと一安心。
我が家の4~5軒先のお墓においでの方も我が家の後に修理が始まりました。
そうしている間にも業者には電話がいり繁忙を極めてるご様子です。
運動公園に息お弁当を食べパークまでの時間つぶし、久々に新緑を目にし子供の声を聴き地震を忘れ癒されたひと時でした。
b0037714_2211370.jpg

1時前にはパーク会場へもう皆さんは始めてましたので2人でゆっくり9ホール2回で主人の体調も考え挨拶をしてお先に失礼しました。
我々は気分転換も兼ね久しぶりパークで過ごしましたがその道向こうでは各地のごみ収集車が市内の災害ごみを運んでお世話になっていました、本当に有り難いことです。
           
         こんなゴミの山が幾つも出来ていました
b0037714_2215222.jpg

[PR]
by kaoruko200 | 2016-05-14 22:09 | 熊本地震 | Comments(4)

我が家は少しづつ落ち着き始めました

こうしている時もまた余震です、いつまで続くのかと暗澹たる気持ちです。
知り合いのお話を聞くと我が家は半壊だけど隣の息子の家がローンも残ってるのに全壊だとか、避難の人を大勢引き受けられた方、ライフラインが復旧した後も最近のオール電化では温水器が転倒もしくは破損でお風呂に入れない方も多いようです。
テレビのニュースで扱われない被害もどれほどあることでしょう、我が家の方は割合被害も軽度でしょう片付けも随分進み家の周り至る所ゴミ袋が溜まっています。
今日から埋め立てごみ以外の収集も始まるとのこと庭のゴミも少しは減っていくことでしょう。
お陰様で主人も随分動けるようになり一安心ですが、何だか一気に老け込んだ感じは否めません。
少しはお手伝いでもと思ったりもしますが力仕事もできそうにないし、勝手な短時間とも行かないことでしょう非力な自分が嫌になったりもします。
そんな中昨日もまた故郷の友人から有り難い見舞い品が届きました。
b0037714_14403692.jpg

そして庭ではバレリーナという蔓バラが咲き庭の花達が癒してくれます。
b0037714_14451825.jpg

[PR]
by kaoruko200 | 2016-05-09 14:58 | 熊本地震 | Comments(0)

本震から3週間

地震以来毎日毎日電話が掛かっていた息子ゴールデンウイーク10連休もあるというのです。
主人の病気から地震と続き怖さ睡眠不足からの疲れ、心配はしてくれていますが長居はしないでと勝手なことを言う私です。
2日夜から5日の朝までかえって来ました、箪笥冷蔵庫他動いたままにしていたものを元に戻してもらい、怖かったこと、大変だったことを話し、4人で食卓を囲むうち段々と落ち着いてきました。
昨日は友人から片づけをしながら一服してと果汁100%のジュース、今日はまたお米、グラノーラ、缶詰のおすそ分けをいただき有り難いことです。
b0037714_2022282.jpg

地震発生後も何か必要なものは?の電話を頂いたり熊本方面は送れないとか、お店がボツボツ開いたから心配しなくていいよと言ってもじっとしてられないなどと言ってお菓子、高野豆腐、缶詰、佐藤のお米、海苔、お餅、ふりかけ、色々なものを送っていただきました。(その時はまだ動転し写真も撮ってません)
日頃はそんなにお付き合いして無い方々からもなんと優しいお声かけのあったことか、少しづつ落ち着き始め改めて感謝感謝です。
眠れない夜もありたまに飲んでいた睡眠導入剤がついに切れて、今日は病院でもらってきました、これで何だか夜が安心です。
いまだに余震は続きまだパッキンケース入ったままの物もありますが随分片付きました。
こんなことがあってこれが落ち着いたら断捨離を決行しなければとつくづく思います。

いつもお願いする建設業の方も2~3日前家を見に来て多少の壁のヒビもこの分だと全く心配ないとのこと、新規のお客さんは一応お断りしてお得意さんの修理を優先となんとも頼もしいことでした。
 b0037714_21141539.jpg
今年も珍しい藤色のバラ一輪だけ咲きました。
[PR]
by kaoruko200 | 2016-05-06 21:15 | 熊本地震 | Comments(0)

墓地へ

少しづつ動け始めた主人とお墓がどんな具合か見に行くことに。
普段30分足らずで行けるところが1時間以上かかりました。
その道沿いはブロック塀が倒れたり屋根や壁の落ちたお家が多いのに驚きます。
墓地に着くなりあ~倒れているところが結構あるな~と、我が家のお墓に。
あ~やはりです、あの大きな墓碑が落ちてこそないのですが大きく移動して、灯篭は台座を残し完全に落ち割れています、墓誌は台ごと傾き辛うじて塀に掛かっているのです。
同じ墓地でも無傷のもののあれば墓碑他すべて落下割れているものもあります。
昨日今日とまた回数も震度もひどくなったようで怖い~

その中でうれしかったこと
地震発生以来ごみ収集がストップしていましたが26日燃えるゴミの収集がるとの知らせに、山のような災害ごみと残飯他ごちゃ混ぜをどうしたものかと・・・
ご近所の男性と二人でより分けをし始めると自治会の方とボランティアの応援がありいやな匂いの出始めたものが一掃されました。
29日は残飯以外の燃えるゴミも結構収集、しかも今日はテレビと家具自転車以外はすべて収集目の前が随分きれいになりました。
[PR]
by kaoruko200 | 2016-04-30 21:59 | 熊本地震 | Comments(3)

地震から半月

昨日震度1以上の地震はついに1000回越えのニュースが流れていました。
少し回数が減ったかと思っていましたがこの2~3日はまた増えているとか、一向に終息には向かいそうにない今回の地震。
少しづつ片づけはしていますが掃除するといまだにガラス片がキラリとします。
家が倒壊して避難生活が続く人に比べればライフラインも復活自宅で過ごせる我々は被災の中でもま~不幸中の幸いだったのかもしれないと思います。
居間の家具は扉が開かないように紐をかけたままですが今日は手始めに私の部屋の物を片付けることに、動いた箪笥を元に戻し棚の上の物を戻し要らない物の多さに落ち着いたら断捨離!!と意を新たにしました。
不眠続きと歳のせいか頑張りが利きません焦らずぼつぼつ・・・
b0037714_2043163.jpg

こうした大変な時期でも庭ではアザレアが咲き乱れカボスの花が咲き始め、スナップエンドウや春菊(写真3)は野菜が買えないとき貴重な食料になりました。
玄関の植木鉢が落ちて割れている(写真1)のも地震から何日か過ぎて気づきましたが今は玄関わきのシャクナゲ(写真2)が咲き誇ってます。
サクランボは毎年ネットを掛けていましたが主人の体調不振から鳥の餌にと言ってましたが多少の収穫がありヨーグルトのソース(写真4)に作りました。
この間日ごろはご無沙汰の方たちからもたくさんのお見舞い励ましの声をいただきこんな嬉しかったこと有り難かったこと果報者だと思います。
お仲間の中には大口市に避難引っ越しされた方、親戚の方が沢山避難されてそのお世話に忙しい方、自宅が住めなくなった方いろんな方がいらっしゃいます、どうぞ無理をなさいませんように気を付けて頂きたいものです。
[PR]
by kaoruko200 | 2016-04-29 20:57 | 熊本地震 | Comments(0)

地震から丸11日

14日
娘の誕生日夕食を済ませ8日から高熱に見舞われやっと熱が下がり始めた主人ともくつろいでいた9時過ぎグラグラッと何時にない大きい地震しかも長いのです、ガラガラカシャーン、パリパリと食器が落ちてました。
マグニチュード7震度6(のちに震度7に訂正)初めての経験でした、仏壇も動いてると言いながら余震があるものの片づけを済ませました。
15日寝付いてすぐの16日
1時過ぎです激しい揺れに家族3人別々の部屋から飛びだしましたが、暗い中二階の娘が何か倒れて足場が悪い。
みんなスリッパを履いてね割れ物が飛散しているよと声を掛け合い着の身着のまま家の前の駐車場に飛び出すとすでに何人かの人たちが出ていました。
激しい余震の中身を寄せ合いながら・・・
余震の間を見てはダウンや毛布を取りに帰り、でもやはり寒く車中泊一睡もできませんでした。
2度もこんな大きい地震に襲われるとは思いもよらず朝になりこわごわ家の中に。
居間も台所も助かっていたベネチアングラス、クリスタルのお気に入り、食器も粉々です。
家具も大きく動きテレビは落ちる寸前、私の部屋は棚のものが落ち箪笥の上置きも落ちる寸前、仏間に行くと昨日動いていた仏壇はすっ飛んで壊れてます。
主人の部屋は見ませんでしたが、熱が下がったもののやっと動ける主人と娘と私どうしよう~
マグニチュード7,3震度7と発表していましたがそのエネルギーは前日のものより16倍もあったとか。
娘がスマホで情報キャッチ係です、皆買い物に走ってるらしいよといいます。
午前6時ですが断水とガスが止まる、とにかく水確保と車を走らせますがコンビニはどこも締まっていてホームセンターが店頭で水ブルーシート綱などを売っていたので500m24本確保して帰る。
震度4震度5などの激しい余震が続き生きた心地はしません。
その中で割れ物だけは片付けました。
ガスは幸いなことにプロパンから都市ガスに変えてなかったので瓦斯屋さんが来てすぐに復活、生活排水はお風呂で賄えるもののこの断水がいつまで続くのかと思っているときテレビのテロップで近くの公園で給水ありが流れ急いで出かけるも人命救助が先、給水車は来ずPM3時から地下水を配給といわれました。
3時前に出かけると005.gif長蛇の列です、2時間以上並んで5時までこれで終わりと私の50人くらい前で終わったのです。
日頃買いすぎの私は食料の備蓄はありましたが飲み水がいつまで持つだろうと気が気ではありませんでした。
そして1日中震度4や震度5の余震に怯えながら怖い夜がきます、16日夜にはお風呂にはいれると楽しみにしていた主人も断水でお風呂も入れず洋服のままいつでも飛び出せるようリュックに非常持ち出しを詰め、車は寝れる準備をして床に就きましたがまたまたまんじりともせず朝を迎えました。
17日
2日も寝てないと朝食を食べたいなど思えません、でもこの怖さに耐える精神力体力維持には・・・
主人も熱が引いただけ1週間も寝ていた人、足元もふらついている何かと義務的にカップ麺を食べる。
前のお家の方が「水道局で給水してますよ」との知らせにタンクを持ち娘と出かけるがバイパスを渡り左折するところから大渋滞、諦めてUターンして帰ることに。
主人の部屋を見ると机とその付随した家具は大きく動いて棚のものは落ちてはいますがサイドボードは引戸の為中のものも落下なしでした。
2階娘の部屋はテレビが落ち書棚のものが散乱家具衣装箱も移動、壁の一部が剥がれて日々もあり。
息子の部屋は洋服ダンスが倒れ箪笥の上の置いていたトロンボーン洋布団なども落下、棚から落ちたガラス戸で畳も切れている。
あの部屋に息子がいたらと思うとゾッとしました。
外に出ると玄関の大きな寄せ植えの鉢が落ちて割れ花がしおれています、フクロウの置物植木鉢も結構割れてますが余震も続くし片づける気にもならない。
近くのスーパーで店頭販売が行われているとのニュースを聞き出かけると長蛇の列。
帰っている人たちは大きな袋にリンゴ、バナナ、パン菓子、水とお茶を抱えていました。
買えるならと列に並び後2~30人というところで大きな揺れ機械室がゴーと大きい音を出しはじめ
危険なため販売中止と言われ水1本とパン1個を無料でいただいて帰る。
今まで水や食料を求め並んだ経験は無かった、日常の生活がいかに幸せなことだったことか。
列に並んだお蔭で割合近くの老健施設で地下水を自由に汲めるし人も少ないのでいいですよの情報を得てそちらへ廻る、これで一安心!
18日
15日の一便で義姉の下に帰った姪っ子と連絡がつく、姉はショートステイで預かってもらい姪っ子は近くの小学校に夜は避難昼間は家で片づけをしているとのこと。
夜は我が家に来るよう言うが支援物資も多くゆっくり寝る場所もあり、何より家が心配だから自転車を貸してというので主人と車で運んであげる。
フラフラしながら久しぶり車の運転をする主人はなんとも危なっかしい。
今日一番嬉しかったことは午後になり水が出始めました。
始めはチョロチョロ水圧はありませんが有り難かったことこの上なし、テレビでは水漏れが多く出始めた水も使い物にならないという報道もありましたが水も綺麗
お蔭で主人は具合が悪くなって10日ぶりほどにお風呂に入れました。
(まだ多くのご家庭でライフラインが復旧していないのに申し訳ないようでした)
[PR]
by kaoruko200 | 2016-04-25 21:18 | 熊本地震 | Comments(0)